ニキビ跡を治す方法@ 専用ケア商品ランキング

ニキビ跡でお悩みのあなたへ

22一度できてしまうとなかなか治ってくれないニキビ跡。
ニキビ跡を治す方法について誰しも一度は悩んだ経験があるのではないでしょうか?

しかし、そんなニキビ跡もきちんとしたケアを行うことで、自宅で簡単に治すことができるのです。
このサイトでは、ニキビ跡を治す方法と、本当に効果があると評判のニキビ跡専用ケア商品をランキング形式でまとめました。

ニキビ跡を治すための専用ケア商品ランキング

ニキビ跡専用ケア商品No1.リプロスキン

11

 

リプロスキンの口コミ情報

リプロスキンは使い続けるごとに効果を実感しました

30代 女性 主婦
以前からニキビの色素沈着やニキビ跡が目立ち、コンプレックスでずっと悩んでいました。
リプロスキンを使うようになってからは、赤茶色した色素沈着が次第に薄くなってきたのと、ニキビ跡でボコボコした肌も引き締まって少しフラットになったように思います。
ストレスを受けるとにきびが出来やすい体質だったのですが、肌荒れや吹き出物が出来にくくなったのも嬉しかったです。
10代の頃からずっと悩み続けていたので、リプロスキンを使うまでは半信半疑だったのですが、今はもっと早くに使っておけばよかったと後悔しています。
使い続けるごとに効果を実感しているので、次回もリピートしようと思います。

シミのようなニキビ跡に、効果がありました。

30代 女性 OL
顔一面に広がったニキビ跡治すために何とかしたいと思い、ネットで話題のリプロスキンを購入しました。
洗顔後の肌にたっぷりと馴染ませ、最後にハンドプッシュでよく浸透させました。
さらりとしたテクスチャーですが、保湿力は抜群だと思いました。
肌に優しく敏感肌の私でも、安心して使用出来たので良かったです。
リプロスキンを使用して3ヵ月ほどで、シミのようなニキビ跡が薄くなり始めました。
確かな手応えを実感しているので、これからも継続してシミ跡ゼロを目指します。

敏感肌向け。ニキビ跡を根本から治すのならお勧め

20代 女性 OL
他のニキビ跡ケア化粧水を使っていましたが、肌がヒリヒリするのでやめました。
こちらは敏感肌にもいいと聞いたので早速乗り換えてみると、とっても優しい塗り心地でした。
水みたいなテクスチャーで、肌の上でよくのびるのに、塗った後はしっとりするんです。
まだ使い始めで、ニキビ跡は少し薄くなったかな、というくらい。
しかし急にニキビが出来にくくなって、生理前もニキビ無しで過ごせました。万年ニキビに悩んでいる私にはかなりうれしい効果です。

ニキビ跡専用ケア商品No2.ベルブラン

12

 

ベルブランの口コミ情報

若い肌に甦ったようなような感覚

30代 女性 OL
さっぱりとしていて、よく肌に馴染むブースターです。
後で塗る化粧水に響かないのがいいですね。
乾燥肌なので気にしていましたが、保湿系の化粧水や美容液と組み合わせれば問題ありませんでした。
肝心のニキビ跡は、日に日に薄くなっていく感じです。
若い頃は数週間経てばなくなっていたのに、いつの間にかニキビが出来る度に残るようにしなってしまった茶色い跡。
それが、また若い頃に戻ったように消えていくのが嬉しいです。
使えば使うほど効果を感じる品だと思います。

他人が見てもわかるほど効果ありです

30代 女性 OL
ニキビを見つけるとぷつっと出たのが気になってしまい、いつもつぶしていました。
跡が残ってから後悔するばっかりで、薬用RGを利用し始めました。
日本薬学内など医師も絶賛するほどのケア商品だけあって、肌の深層部まで浸透していく感覚があり、ぼこぼこだった肌が今ではずいぶん凹凸がなくなってきました。
特に気になるニキビ跡には、コットンパックをすることでより回復が早くで驚くばかりです。会社でも「肌綺麗になったね」と言われて、今ではお手入れが楽しいです。

ニキビ跡専用ケア商品No3.薬用RG

14

 

薬用RGの口コミ情報

薬用RGは安心して使用でき効果もばっちりです!

20代 女性 学生
赤黒いニキビができやすく顔全体の血色も悪くぼつぼつクレーターのようになった肌が私の悩みでした。
何を使用しても効果いまいちだったのですが、薬用RGは素晴らしいです。薬用なので成分的にも安心して使えますし、これを使い始めて数日のうちに肌のぼつぼつが緩和されていくのを実感できました。現在継続使用3か月目ですが、以前に比べてニキビ跡が目立ちにくくなって、肌の色も統一され、健康的できれいな肌になったと周囲から言われるようになりました。おかげさまで少し自分に自信が持てるようになりました。

ニキビ跡を治す方法と予防方法

ここではニキビ跡を治す方法と、ニキビ跡の予防方法についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

1.赤いニキビ跡を治す方法と予防方法

赤みを帯びたニキビ跡は、表面上は腫れが収まり炎症が引いたように見えても、実はまだ肌の内部では炎症がひいていない状態です。
炎症した部分はちょっとした刺激で再発するおそれがあるので、完治させる必要があります。

原因としては、皮膚のターンオーバーがちゃんと行われていないこと。
肌のターンオーバーを整えるには、まずしっかり古い角質を落としましょう。

ポイント:ターンオーバーを正常化する

ドラッグストアなどで売っている、ピーリング石鹸などで、肌の表面に溜まった古い角質や毛穴の汚れを落とすケアで、表皮の細胞が活性化する為、ターンオーバーを正常にする効果があります。
洗顔後は、ビタミンC誘導体などの美白成分があるものや、プラセンタなどの肌の再生力を促す成分が入った化粧水などで肌を整える事をオススメします。

美容皮膚科などでの治療方法としては、クリアタッチという機械を使った治療方法があります。
炎症ニキビを引き起こすアクネ菌や皮脂腺に反応する青色光と、炎症の赤みや血管に反応する赤色光を同時に照射し、ニキビ跡の赤みや炎症を抑え、規模できにくい肌へと改善していきます。しつこいニキビやストレスやホルモンバランスの乱れが原因で起こるアダルトニキビまで、根本的に改善します。

2.茶色い色素沈着のニキビ跡を治す方法と予防方法

肌に色素沈着が残る、茶色いニキビ跡には、二つの色素が原因とされています。
一つは、血液中の赤血球に含まれる赤い色素の「ヘモグロビン」。
紫〜赤黒い色素沈着の原因となります。

二つ目は、紫外線を吸収したり、外部刺激から肌を守るための色素「メラニン」。
茶色い色素沈着の原因となります。

前者は、真皮の中にある毛細血管が破壊され出血し、周囲の組織に染み込んでしまい、いわゆる血豆になった状態です。
後者は、ニキビが悪化し、肌の組織が破壊されると、表皮細胞は受けたダメージを回復するため一時的に活性化し、その際メラニン色素も過剰に作り出してしまいます。いわゆる日焼けやシミと同じような状態です。

ポイント:ターンオーバーを促進する

これらのニキビ跡を治すには、ターンオーバーを促進することが重要です。
手軽にできるのはケミカルピーリングなど。
ドラッグストアで売っているピーリング石鹸を使って洗顔することで、肌の表面に溜まった古い角質や毛穴の汚れをおとし、表皮の細胞が活性化し、ターンオーバーを正常にします。

また、美容皮膚科では、フォトRFという、赤と黒い色素に反応する波長を持つAPLと呼ばれる光と、RF(高周波)を同時に照射する治療法があります。こちらは、ニキビ跡やシミ以外にも、真皮に働きかけ肌のハリを取り戻したり、産毛の処理にも使われています。

3.クレーター化したニキビ跡を治す方法と予防方法

クレーター型のニキビは、皮膚組織に大きなダメージを受けた事が原因です。
皮膚の奥、真皮部分にまで被害が及んでしまうとできてしまいます。

ニキビが激しい炎症を起こすと、体内の白血球は皮膚組織を破壊する事で炎症の広がりを抑えようとしますが、この際、皮膚を作る役割をもつ真皮部分が傷つけられてしまうと、新しい皮膚を作り出す事ができず、クレーターのような跡が残ってしまいます。
その後も、皮膚の修復が平等に進まないため、表面が凸凹になってしまうのです。

ポイント:出来てしまったクレーター状のニキビ跡をセルフケアのみで完治させるのは不可能

まず、出来てしまったクレーターや凹凸をセルフケアのみで完治させるのは、不可能に近いと考えましょう。
その為、ニキビを炎症化させない、悪化させない事が後を残さない予防策です。

しかし、できてしまってからは、美容皮膚科などで治療をしてもらうしかないと思います。
代表的な治療方法としては、マックスピール、炭酸ガス(Co2)レーザー、クールタッチレーザー、フラクセル、ブリッジセラピー(アンコア)など、がありますが、いずれも治療費は高く、期間も長くなります。そしてクリニックによっては、対応がひどい場合もありますので、口コミや評判などをしっかりチェックして、要望を紙に書くなどしてしっかり伝えてから治療内容や料金を確認しましょう。

4.しこり化したニキビ跡を治す方法と予防方法

触れても痛みは無く、硬く盛り上がったしこり状のニキビ跡は、正式名称を肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)といいます。

クレーターと同じく、皮膚組織に大きなダメージを受けた事が原因です。
真皮が傷つけられてダメージを修復しようとした際に、新しい皮膚を作り出す線維芽細胞が異常再生を引き起こしてしまい、過剰に細胞を作り上げてしまうことが原因です。
こうなると、細胞の生成が過剰となった分が盛り上がり、しこりになってしまいます。

ポイント:セルフケアのみで完治させるのは不可能

このニキビ跡も、セルフケアではなかなか治すことが難しい状態です。
クレーター化したニキビ跡と同じように、美容皮膚科やクリニックの治療が必要になります。
治療法としては、マックスピール、炭酸ガス(Co2)レーザー、クールタッチレーザー、フラクセル、ブリッジセラピー(アンコア)など、があります。

しかし、これもクレーター化したニキビ跡の場合と同じように、「きちんと治すための治療をしてくれる病院」と「ちゃんと治療をしてくれない病院」があります。
ちゃんと治療してくれないとは、技術が伴っておらず効果が出ないのはもちろん、保険外治療になるため、エステ並みのローンを組まされる場合もあります。

他にも、治療器具の広告は院内に貼ってあっても、お医者さんが治療を渋ったりということもあります。その場合は、「客寄せ」「信頼感アップ」のための広告で、先生は柄方がわからないという場合が多いですので、そこで治療してもらうのはやめた方がよいでしょう。

5.ケロイド化したニキビ跡を治す方法と予防方法

もっともニキビ跡が重症化した例が、ケロイド状になって患部が癒着してしまう症状です。

            • 慢性的なニキビ状態が長く続いている。
            • 同じ場所に何度も再発を繰り返す
            • アトピーなど他の皮膚疾患との併発

などが原因として多く挙げられます。

ポイント:たかがニキビと思わず医療機関を受診する

当てはまる方は、たかがニキビと思わず、すぐに医療機関を受診してください。

その場合も、3か月経っても症状が良くならなければ、医者を変えた方がよいでしょう。
たまにあるのが、一般的な皮膚疾患に効く薬(いわゆるオロナインやマキロンのように、殺菌全般に聞くけれど、効果もそんなに劇的でないもの)と、ビタミン剤だけ処方されるケース。

初期のごく軽いニキビなら治りますが、重症化したニキビは治りません。
いまだにニキビを軽く見ている皮膚科の先生はそう言った対応をして、1年2年と患者を通わせます。

ニキビの状態でよく効く薬の一つが「ダラシンローション」
抗生物質のため、しつこいゴツゴツニキビでも、1年以上治らなかったニキビでも、3か月で減り始めました。
(おそらく抗生物質で強い薬なので、何かあったときの責任が取れないから、ニキビを軽く見ている先生方は抗生物質までは使わなくていいだろう〜と考えていたりします。医院の方針もあるので、3か月通っても一向に良くならない場合は、医者を変えましょう。)

ニキビ跡になってしまった後の治療法としては、内服薬(リザベン)、ヒルドイド軟膏、シリコンゲルシート、ステロイド注射、放射線治療などがありますが、どの場合でも時間がかかります。数ヶ月〜数年がかりの治療になる場合もありますので、通院期間の目安と治療費を相談しておきましょう。

根本からニキビ跡を治す4つの習慣改善方法

最後に根本からニキビ跡を根本から治すための4つの生活習慣を紹介しようと思います。
できてしまったニキビ跡を治すのも大事ですが、何より大事なポイントはニキビが出来ない体質をつくっていく事です。

そのためにとても重要になってくるのが、日々の生活習慣です。
ぜひ、あなたの生活にも取り入れていただきニキビが出来辛い体質を目指していましょう。

ニキビ跡を根本から治す習慣改善法その1.睡眠をしっかり取る

34睡眠は、私たちの体を維持していく上で、とても大切なものです。
質の高い睡眠をとることは、お肌の新陳代謝をよくしますので、ニキビ跡の改善には欠かせないでしょう。

睡眠には「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」があります。
脳がしっかり休んでいるノンレム睡眠と、筋肉の疲れをとっているレム睡眠が交互にくり返され、スッキリとした朝の目覚めをむかえます。
お肌の新陳代謝を活発にしてくれる成長ホルモンは、眠りにおちた直後、3時間の睡眠時に分泌されると言われています。

以前には「お肌のゴールデンタイム」は、夜10時から夜中の2時と言われていましたが、最新の研究では、「就寝後最初のノンレム睡眠90分とレム睡眠90分」の3時間に、成長ホルモンが最も分泌されると実証されています。

そこで、眠りに落ちてからの3時間を、いかに深く眠るかが重要になってきました。

深い眠りに入るのを妨げる原因に、血糖値、体温、光が考えられます。
食事は眠りにつく2時間前には済ませて、血糖値を下げておきましょう。
入浴は眠りにつく1時間前に済ませて、上がった体温を下げておきましょう。
眠る直前には、パソコンや携帯画面は見ないようにしましょう。
それは、液晶画面の強い光をさけるためです。
部屋の照明も落として、リラックスするように心がけましょう。

ニキビ跡を根本から治す習慣改善法その2.「タンパク質」「ビタミン類」を含む食事をする

01人間が生きていく上に栄養が必要なように、肌にも必要な栄養があります。
ニキビ跡や赤ら顔に必要な栄養素は、タンパク質とビタミン・ミネラルです。

これらがそろうことによって、皮膚の改善に効果があります。

ニキビ跡の改善には、真皮を修復しなければなりません。
そのためには、コラーゲンが不可欠です。

真皮は皮膚深部にありますから、内側から食事の栄養として、ニキビ跡を修理するしかありません。
その栄養素が、タンパク質です。
タンパク質は、細胞と細胞を結ぶ接着剤です。
皮膚の水分を守り、細菌やほこりの侵入を防ぎます。
タンパク質は、アミノ酸に分解され、コラーゲンを生成してくれます。

では、タンパク質だけをとればいいかと思いますが、そうはいきません。
正しく消化吸収され、肌まで運ばれ、肌に合うように作り変えて初めて改善されるのです。
そこで、肌を作り変える手助けをするのが、ビタミン・ミネラルということになります。

血液に含まれる鉄分は、隅々まで酸素と栄養を運んでくれますが、体内では作れないミネラルです。
食事でとるしかありません。

ビタミンB6、B2は、糖質や脂質、タンパク質の代謝を活発にし、皮膚粘膜を修理して保護します。
ビタミンEは、シミの原因にもなる活性酸素の発生を抑えます。
血流を促進して、栄養素を隅々まで運んでくれる若返りのビタミンです。

ビタミンCは、タンパク質やミネラルの吸収を高めます。
コラーゲンの生成を助け、余分な皮脂分泌を抑え、美白効果もあるうれしいビタミンです。
このようにタンパク質、ビタミン・ミネラルは、食事を通して同時にとることが大きな効果を生むでしょう。

ニキビ跡を根本から治す習慣改善法その3.適度な運動をする

20運動不足もニキビの原因に挙げられていますから、運動することがニキビ跡にも良いといわれています。
運動自体よりも、運動によっておこる体の変化が好ましいのです。
血行促進、新陳代謝、ストレス解消などが好影響を与えるでしょう。

有酸素運動がよいのですが、激しい運動は逆効果です。
男性ホルモンを活発にして、皮脂分泌を過剰にしてしまいます。
また、体の中に活性酸素を生み出し、肌を傷つけてしまいます。
ホルモンのバランスを崩したり、ストレスの原因になる場合もあります。

そうなると、ニキビ跡には、「適度な有酸素運動」がよいといえるでしょう。
例を挙げれば、ヨガ、ストレッチ、ウォーキング、ジョギングなどです。
適度な運動は血行がよくなり、お肌の栄養を隅々まで運んでくれます。
新陳代謝も活発になり、ストレス解消にもなるでしょう。

時間のない方は、20分位の速足ウォーキングや、お風呂上がりに10分ほどの軽いストレッチ、階段を使ったりつま先立ち運動等、日々の生活の中にうまく適度な運動を取り入れましょう。

生活習慣を見直し体調を整え、血行を促進することで栄養も隅々まで運ばれ、新陳代謝も活発になります。
ニキビ跡のケアとしては、適度な運動も欠かせないものでしょう。

ニキビ跡を根本から治す習慣改善法その4.紫外線ケアをする

紫外線とは、太陽の光の中にある見えない光成分のことです。
紫外線はA波、B波、C波の3種類があります。

その中でもC波(UVC)はオゾン層に吸収されるので、地上までは届きません。
ニキビ跡と関係が深いのは、A波、B波の2種類ということになります。
それらについてお話しいたします。

紫外線A波(UVA)は、比較的波長が長く、肌の奥深くの真皮にまで入り、お肌の弾力に必要なコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

そのために、ニキビ跡のデコボコを作る原因になってしまいます。
また、水分保持に欠かせないヒアルロン酸を分解してしまうため、肌は乾燥して固くなってしまいます。
そのために、ニキビ跡が残りやすくなってしまいます。

しわやたるみも出て、老化を早めてしまいます。
UVAはガラスも突破してきますから、家にいても注意が必要で厄介です。

紫外線B波(UVB)は、A波より波長は短いのですが、肌の表面に吸収してしまうため、肌の表面で有害物質を作ります。
それが、活性酸素や過酸化皮質です。
大量発生した有害物質は、肌に炎症を与え皮膚細胞を破壊するので、ニキビ跡には要注意です。
ニキビ自体も治りにくいですが、後に色素沈着を起こし、赤いニキビ跡になってしまいます。
角質も厚くなり、肌が生まれ変わるターンオーバーをめちゃくちゃにしてしまうので、ニキビ跡が治りにくくなってしまいます。

このような状況から、ニキビ跡を改善させるためには、紫外線ケアは不可欠であります。
帽子をかぶったり日傘をさしたりは持ちろんですが、、日焼け止めなどのUVケア商品を正しく選んで、しっかりと紫外線を防御いたしましょう。